最近ご主人様を無くされた奥様から、写真の合成を依頼されたお話(ちょっとオカルト気味)

先日、会社の方にこんな相談が入ってきました。

「主人が一人で写っている写真に、自分の写真を合成して欲しい」

という内容です。
写真を合成するのはそれほど難しくはありませんので、規定の金額を提示させていただき引き受けさせていただく事になりました。

というわけで、詳しく話を聞いてみたところ、

  • つい最近、旦那様が病気で亡くなられた
  • 病気前に旦那様と一緒に写っている写真はたくさんあるけど、病気になった後は一枚もない
  • まだ自分の写真は撮っていないけど、できればこの写真に合うような写真を用意したい

という要望でした。

うちの会社でカメラマンを手配することは可能なのですが、個人様のご依頼ですのでなるだけ安く作成させていただきたいと思い

「カメラマンやスタジオを使って撮影すると費用もその分かさみますし、元の写真は普通に焼いた写真しかないので合成すると違和感が出ます。
ですので、ご自分でお友達に頼んでスナップ写真をご用意されたら如何でしょうか?」

とご提案させていただいたところ、納得いただきました。

その際に、合成時に違和感がなるべく出ないようにご注意させていたのは下記の点です。

  • 元写真と同じようになるように、天気と太陽の向きを気にしていただくように
  • 出来るだけ、写真のご主人様と同じくらいの距離感で
  • ご主人様がそこにおられると思い込んでポーズを取る

という事でした。

元の写真はこのような感じです(ご要望により、顔をわからなく加工させてただいています)。

00danna

そして後日、用意していただいた奥様の写真はコチラ

00oku

この二枚の写真を加工させていただいて、こんな感じに合成できました。

00both

 

実はうちに最初に御相談された時の話なのですが

  • 友人に「写真を合成してくれるサービスがあるらしい」 と聞いた。
  • スマートフォンで検索したら、たまたまうちのサービスのことを知った
  • フリーダイヤルに電話してみたら、たまたま自宅と会社のすぐ近所だった

ということだったのです。
しかも、問い合わせしたのはうちの会社が一件目だったそうです。 それほど宣伝もしていないのに、驚きです。

「これはきっと、あの人が導いてくれたのだと思います。また作っていただいたデータで大きな写真にして飾りたいと思います」

という嬉しいお言葉をいただく事が出来ました。

私も数年前に両親を亡くした後、いろいろな人との出会いで両親の導きを感じていたこともありまして、 「やっぱり、そういう事ってあるんだなぁ」 と実感した次第です。

 

とにかく、お仕事をさせていただいて、お客様に喜んでいただけるってすごく嬉しい瞬間ですよね。

これからも、常にお客様目線に立ってお仕事をさせていただこうと実感した出来事でした。


カテゴリー: ホームページ修正関係 パーマリンク