webサイトの問い合わせフォームなんかはgoogleドライブのフォーム機能を使う事をオススメしている理由

gf

今日は、お客様より問い合わせの多いフォームについて書いてみます。

webサイトにはたいてい「問い合わせフォーム」とか「申し込みフォーム」等というような、お客様からのフィードバックをいただけるページを設置していることが多いです。

通常のページはhtmlという言語で書かれたページになるのですが(ワープロで作った文章のようなものです)、フォームを使ったページというのはcgiという仕組みを使ったいわゆるプログラムになるんです。

詳しいことは長くなるのではしょりますが、この違いにより申し込みフォームなどのcgiを利用したページは通常のhtmlのページと比べてセキュリティに非常に弱くなります。

特にネットに転がっているようなフリーのcgiを利用している場合は特に注意が必要です。

うちの会社でも、昔はお客様の予算を少しでも減らすためにフリーのcgiを利用してページを作ったことが何件かあります。 ところが、しばらくして一部のお客様の所にIPAという情報セキュリティの政府機関より警告が来るようになりました。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
https://www.ipa.go.jp/security/index.html

内容を要約すると 「問い合わせフォームのプログラムに脆弱性を見つけたので、至急に対処してください」 という内容です。

脆弱性をほったらかしにしておくと、そのサイトだけの問題でなくそのサイトを踏み台にされて他のサイトに迷惑がかかるためこういった指導がはいるのですよねぇ。

とはいえ、プログラムの修正となると普通にhtmlでページを作るのに比べてかなりの手間と予算が必要になります。 もともとフリーのプログラムを設置しているだけで、その分の予算を取っていない事が多いので、追加料金がかかるというお話をさせていただくと皆さん困った顔をされることが多かったのです。

そこで、いろいろと調べてたどり着いた結論が
「フォームのページをすべてgoogleドライブのフォーム機能に切り替える」
ということでした。

googleドライブのフォーム機能というのは、googleのアカウントさえ持っていればだれでも使える機能で、下記のようなメリットとデメリットがあります。

<メリット>

  • 簡単に作れる
  •  項目の追加や削除なども簡単
  • 自動的にgoogleのスプレッドシートに記録されるので、わざわざエクセルなどに転記する必要がない
  • 条件分岐も出来る ・クラウドサービスなので、こちらでプログラムのバージョンアップをする必要がない(しかも無料)
  • セキュリティ対策に関しては世界有数のIT企業googleが全力を上げて取り組んでるので安心
  • データ送信もSSLで暗号化して送られるので安心

<デメリット>

  • デザインの自由度が低い
  • googleのマークが付く(広告はつきません)
  • 基本的には送信してくれたお客様に自動で返信する機能が無い(自前でプログラムを組み込むと可能になる)
  • 基本的にはフォーム内ではアクセス解析機能が使えない(実はいろいろやるつ使えるという話も聞きます)
  • 自動的にスプレッドシートに追加されるのは便利ではあるが、通常のメールフォームと比べて見づらい

とまあ、こんな感じになると思うのですが、特にwebの運営者として一番ありがたいのは

  • プログラムやーサーバーなどのバージョンアップやセキュリティ対策をgoogleに任せられる
  • 途中でフォームの項目を追加、変更したい場合も業者に任せる必要がないくらい簡単。

という部分ですね。

詳しい設置方法などはネットを探すといろいろと出てきますので探してみてください。 このあたりが簡潔でわかりやすいかと

Googleドライブで申込フォームを作りサイトやブログに掲載できる超簡単な方法
http://www.onikohshi.com/google-useful/google%E3%81%A7%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B/

というわけで、

うちの会社でもwebフォームをgoogleフォームに置き換える修正を9,800円で賜っております。
(しかも今ならオープニングセールで30%OFFです!)

使い方についてのアドバイス等が必要な場合は電話相談サービス(5、000円/1時間まで)をご利用ください。

もちろん、うちの問い合わせページもgoogleのフォームを利用していますよ(^^)v

お問い合わせ・お見積もり・申し込み | ホームページの修正屋さん
http://hp-ssy.com/toiawase.html

上記ページでは問い合わせ内容で選択した項目により、さまざまな質問を変更できるという条件分岐機能を使っていますので、もしよろしければサンプルとして使ってみてください。 「送信」ボタンを押さなければ、こちらに情報が入りませんのでご安心を。

というわけで、今日はちょっと宣伝くさい記事になってしまいましたが、googleフォームはほんとオススメなので許してくださいね(^^;

 


カテゴリー: ネット関係, ホームページ修正関係 パーマリンク